下向き人生に浮かぶあんバターバゲット
*人生は前にしか進まない*
ブログ

何度目かの花のお経。

こういうと語弊があるようで申し訳ないのですが

昔、カトリック教会に救いを求めて

大袈裟ですが

何とかなったらいいなと思って

通っていたことがあります。

主に栄光、主に平和・・・

結果行きつく先が

閉鎖病棟の鍵がかかった部屋

だったことがあります。

あんまり難しいことは考えられないので

なんでだろうと思うのですが

まあ

宗教云々ではなく

ただ病気の問題、宗教学ではなくもっと違う学問の問題?

ということなのかもしれませんが

救いって何って

そのとき思いました。

うちの実家は浄土真宗なので

普通に南無阿弥陀仏と念仏を

唱えれば

鬼だって退散する・・

っていう

現世利益和讃がありますが

年を取ってから

般若心経

というのを

破れかぶれになった後に

唱えるようになりました。

やっぱり救いのようなものを求めていたのだと思います。

まだ。

今でも。

般若心経は仏様の前では花のお経と言われているそうで

短いですがとてもありがたいお経です。

やぶれかぶれになって

お寺まわって唱えて・・お遍路

しながら覚えました。

でも

それでもやっぱり扉は開かなくて

苦しくて

重くて

心のつらさの持って行く先がなかったのですが

最近

またふとしたきっかけで般若心経を唱え始めました。

救われるかな

救われないかな

思いが浮かびましたが

でもギャンブルじゃないんだから

イチかバチかみたいな世界ではなくて

もっと

懐の深い世界なのかもしれないです。

確実に

無の世界に

欲をもちこんでいるかもしれないですが

でも

お経は最強と

美輪明宏さんが言っておられました

気持ちの中の黒いものが

少しでもきれいに浄化されて

気持ちが楽に生きられますように

今はいろいろとやりたいことが

やっと浮かんできています

だからこそ一生懸命になんとかもがけるだけの

力が少しずつ出てきてるのかなと思いました。

何も始まってはいないけど

興味のあるものに

頑張って取り組んで何かを得られて

生きててよかったと思ったとき

それでも

また行くことになったら・・

その思いは

今は仕舞っておきます。

ABOUT ME
chiho*
chiho*
日々の記録と想いとパン作りと本と料理と 下ばかり向くモノクロな日々に 色を探して