下向き人生に浮かぶあんバターバゲット
*人生は前にしか進まない*
ブログ

気休めと食べることと寝ること。

今日偶然が重なりまして

田辺聖子さんの本を読んだら

一章目に面白いというか

含蓄のあるエピソードが書かれていて

ざっくり言ってみると

どうにもならないとき

悶々としたり

カッカしたり

怒ったり

悲しんだり

失恋したり

人に裏切られたとき

そういう時は

とりあえずお昼にしよ(お昼ご飯を食べよう)

とりあえず寝よ

食べて

寝る

食べることと

寝ること、

これが一番ではないかと書かれていました。

女には思いつめたとき、おちこんだとき、お化粧するとか、買い物するとか、いいキモノを着て

街へ行くとかいう気のとりなおしかたがあるが、何たって食べること、眠ることがいい。

失恋したとき。人に裏切られたとき。

それからそれへと思いつづけていると、心もそらに、胸は息苦しく、涙も涸れてにがいかたまり

が咽喉をふさぐ。そういう時、自分で自分にいってみる。

「とりあえずお昼にしよ」

出典 田辺聖子 「星を撒く」

いいなあ・・

こういう大阪の人の

ひょうきんさにホッとします。

田辺聖子さんすごく素敵ですね

いつもは見逃してしまうのですが

今日は

メールボックスに入ってきたほぼ日ウイークリーを

のぞいて

考え方が前向きだけど

ちょっと、ふふっと笑える

コラムがありました。

糸井重里さん

くうねるあそぶ

むかしそういう作品

あったよ

思い出しました。

「気休め」って、ぼくは大好きかもしれない。ずっと「気休め」に浸っていたいくらいです。

でも、目を覚ましている時間も嫌いじゃない。「ほんとの解決」が見つけられて、

本気で走り出すのは、実はおもしろいんです。それが、「気休め」よりもおもしろい。

でも、「気休め」もいいんだよねー。おれ、何言ってるかわからない?

出典 糸井重里  2020年9月16日 「ほぼ日ウィークリー糸井重里のひとことあとがき」

なんとなく

チカラが抜ける言葉の

シンクロニシティがあり

それを拾って

一呼吸おいて

力が抜けた日でした。

またワードプレスの状態が重くて微妙・・

写真の入れすぎかもしれないな・・

・・・・・・

寝よう・・

ABOUT ME
chiho*
chiho*
日々の記録と想いとパン作りと本と料理と 下ばかり向くモノクロな日々に 色を探して