下向き人生に浮かぶあんバターバゲット
*人生は前にしか進まない*
ブログ

ゴミくずだって生きている。

相変わらず熱が出て顔がはれてるのが治らないので

イライラくよくよしているせいで

神経がとがって気になるだけかもしれないですが、

よく

人の書いたブログや底辺でも一生懸命生きてる人のことを

ゴミくず、カス、人生終了、と

言う人たちがいます。

大体そういう人たちは

一か月50万とかそれ以上稼いでいてフリーランスの若い人が多いような気がします。

中には憂さ晴らしでそういうことを言って人を傷つけるのが楽しい人もいるのかもしれないです。

確かにそこまでに至った努力や勉強してきたこと、ご苦労されてきたことには

すごいと思うし、敬意を払いますが、

でも

人の人生ジャッジするって

ちょっと間違っているような気がします。

ていうか

なんでジャッジされないといけないんだろう。

昔、勝ち組、負け組という言葉がはやって

最近は自分の環境やお仕事や容姿がすぐれていると

マウンティングを取ってくる人もいます。

なぜかそういう人たちって

人のことを何も知らないのに

簡単に

「努力してない人」という

蔑みの

くくりをすることがあります。

努力してないといけないんだろうか

人生

病気や家庭の事情で

その人たちの熱弁する

「努力することは偉いこと」

ができないことだって長い人生の中ではあります。

だから努力してないやつは

ごみくずだって

嫌な言い方だなと思います。

そういえるくらい勉強してるのに

言われた方がどう思うかわからないくらいの

想像力を持ち合わせていないんだろうか・・・

と思います。

確かにこの世界で生きていくには

お金があった方が有利だと思います。

私のようにお金がない人や

人生がうまくいっていない人は

底辺で、可哀そう、笑っちゃう、

みたいに思われても仕方がないのかもしれないけど

やっぱり

じぶんの人生で

何を大切にするかを決めたら

人にとやかく言われる筋合いはないのかな、って思います。

何者にもなれないけど

作ってるパンには何の価値もないけど

作っていたら、幸せ、

映画の仕事につながるわけではないけど

映画館でひとりいい映画を見て心動かされる

ときの喜び、

とか

介護していて

「ありがとう」って

普段言わない人から言われた瞬間とか

いろいろ

ほかにもいろいろあると思います。

底辺て

ゴミくずって

言われても

自分の世界を大切にしていきたいです。

価値のない人なんていないし

道に転がってる石ころだって

小学生が

長距離の通学路を帰るときに

ただ帰るのはしんどいからと

蹴りながら帰ることがあります。

その時は

小学生を助けるっていう

大役を担います。

人生思うようにいかないのが人間で

もう

賢い人は

生きるのは苦しいもの、

だから楽しんで生きるの、って

楽しみを見つけることが上手な人もいますが

そんな風に

楽しみながら生きるのも

それもその人の人生だと思います。

泣いてばかりいるのも

またその人の人生・・・。

でも必ずその先はあるはず、、

私はまだ落ち込んだり悩んだりばかりですが

そのことにも

たぶん意味があるんだと思います。

そんなので悩んでるのなんて

クズだって言われても・・・・+。

なんか

偉そうなことを言ってしまった・・・

ごめんなさい。

でも

最近の流れを見てると

あまりにも人の容姿のことを悪く言ったり

人間だれしも年を取るのに

ババアって蔑ますまれたり

ダサいって言われたり

底辺てバカにされたり

なかなか

生きていくのに根性がいります。

つらいですね

でも

こけたり頭を打ったり転んだりしながらでも

真面目に生きていたら

いつか

ご褒美があると信じています。

信じて諦めないことって

大切かなと思います。

時々呪ったりするけど絶望するけど

その時は

また戻ってきたらいいだけだし、

人間には及ばない見えない大きな力ってあると思うから

どこかで

絶対見てくれていると思います。

救いのものが

どこかには転がってるんじゃないかと思います。

だから

私も

元気を出して

がんばって諦めないよう

自分の人生を生きていきたいです。

今日は苦しかったけど

無事に一日を終えられたことに感謝します。

ブログを書けたことに感謝します。

一日を穏やかな気持ちで締めくくってくれたことに感謝します。

明日の苦労はまた明日。

明日は元気で。

ABOUT ME
chiho*
chiho*
日々の記録と想いとパン作りと本と料理と 下ばかり向くモノクロな日々に 色を探して